結露を知って対策を

窓とガラスのプロ集団:ガラス修理屋net、電話番号:0120-905-956 窓・ドア・家具、ガラス・鏡お直し迅速!今すぐご相談!年中無休、無料見積もり、カード・保険対応

メールフォームはコチラ

    ガラス修理屋net > 窓・ガラス・修理関連質問コーナー > 結露を知って対策を

窓ガラスの結露

結露って嫌ですよね~。
特に冬場は暖房により、室内と室外との温度差が高くなり、そうすると、窓ガラスが曇り、更に進むと汗をかいたように露となり、カーテンが濡れてしまっまり、酷くなると下へ流れ落ちてしまう事も。
そのような結露の状態を放置していると、落ちた水が溜まって床を痛めたり、カビなどの発生も考えられ、最悪健康にも害が及ぶ事もあり、無視できない問題で、窓の結露は多くの方が悩み困っている事と思います。

結露した窓ガラス

そんな結露を理解し気持ちよく過ごす為に対策も含め考えてみましょう。

なぜ結露はおこる?

まずなぜ結露が起こるかという事から考えていきます

発生のメカニズム

暖かい空気ほど水蒸気を多く含む事が出きるのですが、空気が冷やされる事でその許容範囲が減り、飽和状態を越えた分の水蒸気が水(結露)となって現れます。
その為、元々の気温や目に見えない湿気(湿度・水蒸気)の量で、同様の暖房なりを行っても結露の発生の度合いも変わってきます。

基本ガラス板は熱を伝えやすいので、冬場に外気で冷えていた窓ガラスがある部屋の室温を上げると、上記の結露仕組みによって室内側のガラス付近の空気が結果的にガラスで冷やされる形となり、結露が発生することになります。

逆に真夏に部屋を冷房でかなり低い温度まで冷やしている時には、窓ガラスの外側が曇ったり、結露が起きている事を目にした方もいるのではないでしょうか。

外壁にも同じ事が言えるのですが、住宅の外壁には断熱材が入っている事が多く影響が少ないといえます。

結露が起きやすい場所

窓もガラスばかりが注目されがちですが、熱を伝えやすい金属類も結露を起こしやすく、窓枠や障子、玄関等のドアなど、スチールやアルミサッシ部分もガラス同様かなりの頻度で結露が起こり易いです。

サッシの結露

また木製の家具類や、壁、湿気のこもりやすい押し入れなども注意が必要です。

結露が発生しやすい環境

  • ・洗濯物など濡れた物を室内で干す
  • ・加湿器の使用
  • ・室内を密閉している
  • ・石油ストーブやファンピーターなどでの暖房
  • ・窓際に植物などを置いている

など湿気がこもり易い状態。

曇った網入りガラス

結露を起きにくくするには

水分を含む物を窓の近くに置かない

水蒸気を発生しやすい水の入った花瓶や水槽、鉢植えなど窓の近くに置かないようにする。

換気をこまめにする

根本は空気中の水蒸気、湿度の問題となりますので、せっかく暖めた部屋に冷たい風を入れるのは....と思いますが、湿気を籠らせない為にこまめな換気が結露を出さない為の有効な手段です。
効率よく短時間で空気の入れ換えを行う為にも、風が抜けやすいよう対峙するような窓を開けて換気をする事をお勧めします。

開けた引き違い窓

暖房機器を選ぶ

可能であれば
湿度そのものを下げる事ができる除湿機能のあるエアコン、湿気の上昇に影響を及ぼしにくい電熱系ストーブ、オイルヒーター等で暖房する。

また、室温を上げなくても過ごせるよう、衣類を調整して体を暖める事も結露対策に繋がる事になると思います。

それでも結露が酷い場合は

上記のような配慮をして日々の生活を送るのも正直難しい場面もあるかと思います。
また現実問題、それをその方なりに実行していても結露が酷いという場合も。
ガラス修理屋netにもそんな窓の結露に困ってのご相談があります。

そこで窓ガラスに直接対策を施す方法のご案内します。

結露防止グッズの使用

フィルム貼り

ガラスに張り付ける事で断熱にもなる結露防止シートや、スプレーしたり、塗り込んだりして効果を得られる薬剤の使用でしたら一般の方でも入手が容易で、ご自分で施工ができるため、結露対策で費用を抑えたい、効果のほどを試したいという方にも、まず最初に行える対策でしょう。

抑止や防止とは違いますが、結露が起きる前提を考慮した、吸着シートやスプレー、テープなどによって流れ落ちる事を防いだり、拭き取りを不要に出きるようなグッズもありますので、ご自身の環境にあったグッズを選び、また合わせて使用するなど、試されてみてはいかがでしょうか。

窓ガラスを変えて結露防止

ガラス屋がお勧めしますのは、窓ガラスその物を結露防止仕様の窓ガラスに変更するという方法です。
対策グッズと比較して高価な施策となりますが、効果も十分期待できます。

複層ガラスへ交換

複層ガラスの断熱性によって結露の発生を抑える事が出来ます。

ガラス断面

トリプルガラスlow-eペアガラス真空ガラスなどの高断熱タイプのガラスを導入することで、より高い防露性が窓に備わります。

樹脂サッシへ交換

結露はガラスだけでなくサッシにも出る事をお知らせしたように、せっかく窓に高性能なガラスを採用しても、障子に結露が付いては効果かガラスに限定されてしまいます。
そこでアルミ等より断熱性の高い樹脂を採用したサッシを組み合わせる事で、より良い結露対策ができます。

内窓を設置し二重サッシに

窓ガラスを替えるのではなく、新たに室内にもう一枚断熱窓を設置するという方法も有効です。

二重サッシ

取り付ける窓ガラス自体がすでに結露対策に長けたものとなっているのに加え、既存の窓ガラスとの間に中空層ができる事で、そこにも断熱効果が生まれ、二重窓としても更なる防露性を発揮します。

窓の結露でお悩みでしたら、経験豊富なガラス屋にご相談ください

コミコミ料金でご案内します

法人・業者様のガラスサポート、不動産管理者様

ガラス修理までの3ステップ

無料相談電話:0120-905-956