窓ガラスのプライバシー対策お任せ下さい

窓とガラスのプロ集団:ガラス修理屋net、電話番号:0120-905-956 窓・ドア・家具、ガラス・鏡お直し迅速!今すぐご相談!年中無休、無料見積もり、カード・保険対応

LINEでのお問合せはコチラ

メールフォームはコチラ

    ガラス修理屋net > よくあるご質問 > 窓ガラスの目隠し・プライバシー対策お任せ下さい

窓の目隠やプライバシーを保てるガラスは?

外から窓越しに部屋の中の様子が分からない(分かりづらい)ようにプライバシーを確保するには、一時的ならばカーテンも有効ですか、常時光を取り込みなつつ目隠しが出来るとなると、ガラスの交換や加工が有効となります。

型ガラス

まず目隠しに使用が考えられる近年代表するプライバシーガラスとして、型ガラスがあげられます。

安価で現場での加工(カット等)も透明ガラス同様にでき、ガラス割れが起きても早期の修理も可能なメリットがあります。

すりガラス

上記ガラス以前から多く目隠しに使われていたすりガラスもその一つです。
しかし、乳白色な風合いを出す加工の為に比較して割れやすく、扱いにくい点が有るなど、現在では一般的な窓のプライバシー保護を目的として使用される事は少なくなっています。

フロストガラス

すりガラスの代替えとして目隠しとしても使われる事が多くなってきたのがフロストガラスです。

曇りガラスの難点の元であった加工面のざらつきを再加工することで風合いは残しつつ表面を平らに出来た事で通常のガラス同様の強度と扱い易さを持ちあわせたプライバシーガラスと言えます。

加工分価格が高いのと、納期に時間がかかります。

ミラー・カラーガラス

ミラーガラスや、カラーガラス(合わせガラス含)をプライバシーの保護を目的として窓に使用する事も可能です。

使用する中間膜や加工素材により透過度に違いが出ますので、目隠しの度合いを環境やご事情にあった仕様のガラスを選択できます。

費用は通常ガラス比較で高くなります。

ブラインド内蔵ガラス

ガラスで目隠しをするという事ですと、中間層にブラインド機能を有した、外から操作して任意に視界や調光が可能な複層ガラスもあります。

この他にもプライバシー効果は限定的となりますが、熱線吸収ガラスや、電気で透明・不透明を切り替えが可能な調光ガラスといった特殊なガラスもあり、どのガラスも基本的にプライバシーを配慮出来るガラスとなっていますが、柄・色合・風合い、また、透過具合や光の入り方など、好みや目的によってご自身が過ごされる場所の窓に最適なガラスをお選びいただく事が出来ます。

窓ガラスのプライバシー対策お任せ下さい

目隠しと同時に断熱や防犯を考慮しなければならないとい状況でのガラス選びは難しくなりますので、お悩みの際はガラス修理屋netへご相談ぐださい。

また、大田区横浜市千葉市など、都内や隣接地域では、窓ガラスへフィルム施工でのプライバシー対策にも対応していますので、お気軽にお問い合わせください。

コミコミ料金(材料代+工事費)でご案内します

法人・業者様のガラストラブルもサポート

ガラス修理までの3ステップ、詳細はこちら

無料相談電話:0120-905-956

他のご質問