窓とガラスのプロ集団:ガラス修理屋net、電話番号:0120-905-956 窓・ドア・家具、ガラス・鏡お直し迅速!今すぐご相談!年中無休、無料見積もり、カード・保険対応

メールフォームはコチラ

    ガラス修理屋net > 窓/ガラス取扱等 > 真空ガラススペーシア

真空ガラス「スペーシア」

スペーシアは、日本板硝子が特許をもって製造販売している真空ガラスと呼ばれる薄型の高断熱ガラスです。

真空ガラススペーシア
参照:日本板硝子

真空ガラスとは?

真空ガラスは、複層ガラス中空層を真空状態にしたガラスの事で、これにより通常の空気層より熱の伝達や貫流を抑える事ができ、断熱性を高められます。

スペーシアの特徴・性能

スペーシアの構造

スペーシアは、3ミリの単板ガラスで4倍、一般的なフロートガラスの空気層で構成された複層ガラスと比較して2倍にもなる断熱性をもちながら、0.2ミリという真空層を実現しています。

スペーシアと一枚ガラスの熱伝達比較

これによってスペーシアは、片側3ミリ厚のガラスを使用しても6.2ミリという薄さとなっています。
また、スペーシアは、Low-e複層ガラス構造でエコガラスに認定されています。

スペーシアのメリット

取り付け簡単スペーシア

スペーシアは、ガラスの総幅が6.2ミリの為、一枚ガラス(住宅の窓ガラスでポピュラーな防火用の網入ガラスでさえ6.8ミリ厚)が取り付けられている殆どのサッシに収まります。

断熱や結露対策をガラス交換で対処しようとした時に、複層ガラスが使用されていますが、 効果を出すために二枚のガラスに一定の間隔が空けられている為、ガラス単体でそれまで使用していたサッシに入らない問題が生じ、アタッチメントを介してガラスを取り付けしていましたが、スペーシアでは通常のガラス交換をするだけで済み、窓の雰囲気を変える事無く、高い断熱や結露防止効果をもった窓ガラスにする事が出来ます。

※通常の透明ガラスと比較して僅かにグレーやブルーがかった様に見えます。

スペーシアと一枚ガラスの色比較

スペーシアは、共有部の工事の制約があるマンションに住まわれている方や、障子を変更したり加工が出来ない(したくない)という事情がある方でも、ガラス交換をする事だけで窓の保温効果を高められ、結露も起きにくい快適な室内環境を得られます。

防露でクリアな視界を

結果冷暖房器具の効きも良くなる事で一枚ガラス等からスペーシアに変更する事で省エネに繋がり、電気代や燃料代の節約にもなります。

スペーシアのバリエーション

スペーシアにはスタンダードタイプ以外にも、基本性能に加え、遮音に特化した防音合わせガラス仕様の「スペーシア静」、Low-Eガラスを遮熱向きにした「スペーシアクール」、また、スペーシアを複層ガラスの片側としてもう一枚のガラスとの中空層にアルゴンガスを封入し、更に断熱・遮熱性を上げた「スペーシア21」などがあります。

※スペーシア静、スペーシア21は上記構成により厚みが増している為、サッシによってはそのまま入らない場合があります。

上記仕様を選択出来るスペーシアは、サッシに変更を加えずガラスだけで高断熱且つ窓からの音や日差しを抑えたいという方にもお勧めです。

真空ガラススペーシアの修理交換お任せ下さい

これまでスペーシアのガラス交換を葛飾区で、また、目黒区でガラス割れの修理と、都内をはじめ隣接エリアにて施工してきました経験豊富なガラス屋に真空ガラスでお困り、またご検討されていましたら、お気軽にご相談下さい。

コミコミ料金でご案内します

ガラス修理までの3ステップ

無料相談電話:0120-905-956