雨戸・シャッターの違いや特徴など

タッチで無料相談 ガラス修理屋net 0120905956 窓の事ならお任せ下さい、ガラス修理屋net 0120905956
ガラスが割れてお困りの方、そのガラスすぐ直します!保険修理OK!
    ホーム > 透明フロート板ガラス > 雨戸・シャッター

雨戸・シャッターとは

雨戸やシャッターと呼ばれる物は、窓ガラスの外側に設置する事で、窓と同様に任意に開け閉めが出来、閉めておくことで雨や風、それに伴う飛来物などからガラスやサッシを守ってくれるもので、同時に日差しや視線なども遮る事ができ、断熱や防犯、防火にも役立つ重要な役目を果たしてくれます。
雨戸とシャッターは、上に記しましたように様にその目的は同じですが、一般的に大きな違いとして、雨戸は最も使用されている横引タイプですと、複数枚の戸を戸袋と言われる収納される部分から横にスライドして引き出して窓ガラスを覆います。
かたやシャッターは、鎧戸やガラリ戸と呼ばれる横長の薄い板を縦に必要な分繋ぎ合わせた丸める事が可能な戸を使用し、窓の上部に戸袋を設置し上から下へ引き出し、収納時は巻き上げる形となります。シャッターは雨戸にはない構造や軽量な事から近年では電動(リモコン付も有り)で可動出来る物も普及してきています。

その他雨戸とシャッターの特徴や取り扱いの違いとして、雨戸は基本的に強度が高かったり、以前から使われいる事から導入価格も比較的安価ではあるものの、それぞれの戸が大く可動部がむき出しの為、開け閉めにある程度の力が必要となる場合があり、それが使用している間に更に動きが重くなる事もあります。
シャッターは、重要な可動部が戸袋内に収められて雨風の影響による劣化がしにくく、軽い素材と相まって人によっては片手でも簡単に上げ下げが出来たり、自動(電動)タイプならば人の手を必要とせず、力の無い小さなお子さんやお年寄りでも苦にせず開閉が可能となります。一方でシャッターは比較的強度が低い傾向にあり、設置にかかる費用も木製や樹脂製、金属製などの違いにもよりますが、雨戸より高額になる事が有ります。

その他にも可動式のルーバー機能が付いて閉めきったままで換気や外部からの視線や採光等を調整が出来る優れた製品などもございます。ガラス屋では単純な後付けでの取付から修理、雨戸からシャッターへの交換工事なども対応しておりますので、いつでもご相談ください。

0120905956から無料相談

業者様.法人様.不動産管理者様 小回りが利くガラス店へ

365日見積もり無料、夜間も迅速サポート

雨戸とシャッターの事なら、世田谷区 杉並区 目黒区 大田区 千代田区 中央区 港区 新宿区 中野区 練馬区 品川区 文京区 渋谷区 豊島区 台東区 足立区 葛飾区 江戸川区 北区 墨田区 江東区 荒川区 板橋区など、東京都全域をはじめ神奈川 千葉 埼玉でお電話でのご相談見積り料金費用不要でお伺いします。

0120905956から無料相談

AGC旭硝子 日本板硝子 セントラル硝子 エコガラス


土日祭日.夜間.保険対応 廃ガラス回収無料 カードお支払いお振込可 個人情報厳守 女性

※カード.振込.保険等地域で対応が異なる場合が御座います。



真空ガラススペーシア

タッチで電話0120905956

リクシル・YKKap・三協アルミ取扱い店

エコ窓インプラス・プラマードUお手軽1day施工の二重窓

気になる格安ガラス修理価格
安いだけのガラス店ではありません!


 

ホーム

料金

出張エリア

お問合せ

Q&A

更新情報

サイト運営

窓日記

情報の窓

Copyright(C) ガラス修理屋net All Rights Reserved.

上へ戻る