クレセントが壊れてお困りなら取替え料金も格安なガラス屋 ガラス修理屋netにご連絡!

タッチで無料相談 ガラス修理屋net 0120905956 窓の事ならお任せ下さい、ガラス修理屋net 0120905956
ガラスが割れてお困りの方、そのガラスすぐ直します!保険修理OK!
    ガラス屋ホーム修理交換 > クレセント

クレセントとは?

クレセントと言えば、昔から一般的に窓をロックするための機構で、外部に面する引き違いの窓や戸には必ずと言っていいほど付いているものです。 おそらく誰もが目にしたこともあるしてにとって回してみたこともある、身近な存在だと思います。あまりにも身近すぎてクレセントと呼ばれているの知らないかたも以外と多く、単純に鍵という認識をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
元々は三日月形状をしていることから名付けられ、現在でも基本的なクレセントは以前から使われていたものとほぼ変らない形のものが使用されていたりします。
クレセント.侵入者
窓を閉め切ったところでサッシの両端が重なる部分についているクレセントを回転して受側のフックに引っかける事で窓をしっかり固定する事ができて、外から窓を開けようとしても開けられないようにする機構です。
現在ではその形状もサッシの仕様などにより、様々な形状をしたクレセントが登場してきています。

通常の基本的なクレセントは室内側で回してロックをするだけのものになるので、窓のガラスを割られたり、クレセント付近に穴をあけられてしまったりすると、クレセントを回され外側からでも窓をあけられてしまい、空き巣犯などに侵入を許してしまいます
2ロック.ダイヤルクレセント

参考画像:LIXIL

被害の増加やとそれに伴う防犯意識と需要高まりもあり、クレセント自体に鍵のようなロック機構(キーをさして回したり数字を合わせて初めて回せるようにした物)をつけた製品も登場して、万が一ガラスを破られたとしても固定しているクレセントが外されなければ、という安心感もあり、窓のリフォームの際に防犯クレセントに交換する方も多いでしょう。
グレードを少し上げた窓サッシになると、標準で防犯を考えられたクレセントが標準で付属していたり、2ヵ所にクレセントが取り付けされた2ロック仕様、さらにクレセントを鍵の付いたカバーで覆ってしまうような窓が用意されていたりします。
サッシ内臓クレセント

参考画像: リクシル 内臓ロック カクス

クレセント自体の存在を見えないようにする事で侵入者の意志を削ぐという仕様の窓も商品化され、サッシの中にクレセントが収納されていて、表面に突起物が無くなることから、見た目もスッキリしてデザイン性にも優れた窓になっています。
しかし、クレセントだけでは外部からの侵入者をシャットアウトするのも難しい事がありますので、防犯ガラスや雨戸などを併用していきたいものです。

ガラス屋対応一例

割れた網入りガラス 曇りガラス 透明ガラスの緊急修復
空き巣対策 ハンマーと防犯ガラス
ペアガラス 二重窓 断熱・結露対策
その他窓やガラス、サッシ、扉などに関連する住宅設備のトラブル解消から防犯や断熱リフォーム工事も施工経験豊富ななガラス屋ネットです。御気軽に無料電話
0120-905-956から概算お見積りを。

visa マスターカード等 クレジット決済OK 工事までの流れはこちら

防犯クレセントの取付費用のお支払も安心の後日お振込OK



業者様.法人様.不動産管理者様 小回りが利くガラス店へ

365日見積もり無料、夜間も迅速サポート
クレセントの調整交換迅速!窓硝子回収処分も無料ガラス屋です

0120905956から無料相談

世田谷区 杉並区 目黒区 大田区 千代田区 中央区 港区 新宿区 中野区 練馬区 品川区 文京区 渋谷区 豊島区 台東区 足立区 葛飾区 江戸川区 北区 墨田区 江東区 荒川区 板橋区など、東京都全域をはじめ神奈川のガラス修理 千葉のガラス交換 埼玉のガラス修理 茨城のガラス交換お電話でのご相談見積り料金費用不要のガラス店です


AGC旭硝子 日本板硝子 セントラル硝子 エコガラス


土日祭日.夜間.保険対応 廃ガラス回収無料 カードお支払いお振込可 個人情報厳守 女性

※カード.振込.保険等地域で対応が異なる場合が御座います。



真空ガラススペーシア

タッチで電話0120905956

リクシル・YKKap・三協アルミ取扱い店

エコ窓インプラス・プラマードUお手軽1day施工の二重窓

気になる格安ガラス修理価格
安いだけのガラス店ではありません!


 

ホーム

料金

出張エリア

お問合せ

Q&A

更新情報

サイト運営

窓日記

情報の窓

Copyright(C) ガラス修理屋net All Rights Reserved.

上へ戻る