透明ガラスは狛江市で即日に対応

マンションの一室の窓の透明ガラスの入れ換え業務を狛江市にて担当いたしました現場スタッフです。
受付にお問い合わせフォームよりご相談の一報が入って、武蔵野市でガラス修理に当たっていた自身の元へ情報が参りましたので、内容(建物の6階部分のお部屋のリビングに面したベランダへ抜ける窓の透明ガラス、中桟があり、その上の80×90センチ大の4ミリ厚、狛江市で引っ越し作業中に家具類を強打し、全面に渡って亀裂が起きている状態)を確認して、状況を察して、ご迷惑かと思いながらも、その時点で後の予定がフリーだった事もあり、こちらからお電話を入れ、透明ガラスの工事料金を知りたいというものへの回答をさせていただきました。
サッシやシーリングの色、またエレベーター等の有り無しなど狛江市の詳細な環境の情報まで頂いていたので、お電話で正確な金額を伝える事が可能になりました。
お話を伺うと、大きく亀裂は入ったものの、透明ガラスには飛散防止の為のシートが貼られていて、高層階の部屋という事で時間的に多少余裕があり、メールであい見積を取って、安いガラス屋へ狛江市で依頼しようとお考えだった事が分かりました。
結果的に即座にご連絡を直に差し上げることによって、それまでそれまで数件の業者から概算を聞いていた透明ガラスの料金より低く確定した値段をご提示でき、なおかつ即日の対応という事で、一旦お電話は切れましたが、すぐさま施工のご依頼を頂ける事にあいなりました。
狛江市へは、翌日西東京市でガラス交換を予定していた分の車載ガラスを急遽使用する事にし、急行することになりました。
お待ちでおられたお客様のお宅にて速やかに作業をこなし、透明ガラスはトラブルなく、入れ換えに成功し、倉庫に戻り、ガラスを積み込みました。

折れ戸を最安でご注文 稲城市

お電話で折れ戸のガラスのお問い合わせを稲城市に在住の方より頂戴したのですが、何処かで聞いた似たような内容(トステムのシステムバスという事や、品番を言われたり、アクリルっぽいガラスだという事、場所などなど…)だなと感じながらも電話なので、最中に確認もできず、かといってお聞きするのも失礼かと思い、折れ戸のそのガラス割れのご相談に答えられる範囲で稲城市でガラス修理をお考えだという方へ日時的な事や、料金などについてお話させていただきました。
考えてみますとお切りになったので、工事価格に自信はあったのですが、他にさらに低料金を打ち出していた業者さんがあって、折れ戸の件はご縁がなかったと思いました。
その後メールでのお問い合わせを確認すると、やはり稲城市より同じ方から同じ内容で値段を知りたいという事で、前日に返信をしていたものでした。
メールの事をおっしゃっていなかったので、最安値を追及して複数の業者へ折れ戸の料金を聞いて回っていて、ご自身で何処へ問い合わせたか分からなくなっているのではないかと感じられました。
そして無いと思われた稲城市の方から再度ご連絡が町田市で現場で作業中のガラス屋に入ってきました。
個人的に予想外の入電で、折れ戸で何か別途交渉が有るかと思いながらお話を伺うと、さっき聞いた金額で頼みたいという内容で、すんなり決めていただけました。
約180×30センチでガラスがハッキリしない事もあり、ご了解を頂いて、稲城市へその後の日野市のガラス交換を済ませた後に訪問し、折れ戸には樹脂パネルが嵌まっているのを確認し、金額に変更はなく直ちに発注しました。
ガラスはすぐに手配ができ、数日後速やかに確実に施工し完了しました。

ご紹介からFIX窓のガラスなおし 横浜市

日頃住宅から施設など建物の窓などに関する工事の御依頼を頂いていおります不動産関連企業様からのご紹介で、FIX窓のガラス交換を横浜市で行わせて頂く事となりました。
それは一通のメールでから始まりました。
そこにはお世話になっている企業様から当社の話を聞いて問合せをしたとの書き出しで、やはり管理されているビルの一階エントランスの自動ドアの横に並ぶFIX窓のガラスの破損から補修若しくはガラスを替えたく、横浜市で見積もりをしてほしいと言った趣旨の内容が記されていました。
現場の住所や、当該ガラスと周辺の参考になる写真が添付されておりまして、拝見すると、内容の如く、割れては無いものの、大きく表面がかけている状態のFIX窓が有りました。
詳細なデータを頂けことで、コーキング止めなど、その他画像にて横浜市の現場の細部を判断出来ましたので、折り返し概算の金額をご提示することが出来ました。
その後相模原市へ出張しガラス修理を行った際に現場へお邪魔して、実際に調査をいたしましてFIX窓の正式な金額(お問い合わせ時と変更無し)を改めてご連絡いたしました。
数日後、ご縁があったのか、横浜市の案件のご依頼を承る事になりまして、業者様と予定を擦り合わせ、後日破損現場での同仕様のクリアガラスでの張り替え(溝が深すぎて既存のガラスをリペアする事は不可能とFIX窓の修繕方法を判断)作業となりました。
少々大型のサイズでしたので、同僚(川崎市等近くを担当しているガラス屋)に横浜市で手助けをもらい、ガラスを外し、コーキングを丁寧に剥がしたサッシに新しいガラスを入れなおし、シーリングを施して完成とあいなりました。

ズレた窓と型板ガラスに対応 金沢区

引き違いの窓が動かなくなってしまったという金沢区のお客様からお電話がありましたが、これが後に型板ガラスの交換に発展するとは思いもよりませんでした。
とにかく見て欲しいとのことでしたが、まずお話を伺うと、レールから窓ガラスが外れてしまったような状態のまま窓を強引に閉めてしまったようで、閉まったはいいがずれたままで強くこ擦れているのか、動かなくなってしまい、クレセント(左右の窓をロックして固定するような簡易な鍵のようなものです)も左右の型板ガラス窓同士が離れてしまってかけられないということでした。
修理現場の金沢区へ向かい到着するとそこにはなぜかガラスの破片が。。。
ガラス割れは聞いていなかったので、お客様に聞いてみると、ガラス屋さんが来るまでに何とかならないかと、窓を動かしているうちに膝をぶつけてしまって型板ガラス(半透明の表面がゴツゴツしたもの)を割ってしまった、ということでした。
しかし幸運なことに、サッシも外して確認したところそのまま使用できそうでしたし、割れたガラスと同タイプの物を金沢区へ持ちこんでいたので、サッシを外したところで一緒に型板ガラスも交換をすることができました。
元々外せるようになっている窓なので、こういった事例は今回の金沢区での案件以外でも(少し前にも鶴見区でも修理依頼がありました)よくあります。
外れ易いということは取り付け易いということもでもあり、作業性は良かったりしますが、気密性がいい窓などは障子部分と窓枠のレール等にクリアランスがあまりないものもあり、今回のように型板ガラスが外れてしまったんだけど… 落ちてガラスが割れてしまったんです…などという事もなく、よさそうなのですが、取り外しが必要なガラスの入替はむずかしくなる事が多くなりそうです。

YKKapのロール網戸が進化

ykk ap から発売中の収納ケースがついて、簡単に網戸を巻き上げてしまう事ができるロール式の網戸が有るのをご存じでしょうか?

この網戸、網戸の取り付けが難しい滑り出し窓などにスッキリと設置する事ができ、窓の室内側に設置をし、収納ケース上部にあり、使用する際にはスルスルと引き出し、しまう際には上部にスムーズに上がって収納される 上げ下げロールタイプには上部に、横にロールして収納できる横引きロールタイプには、横に、それぞれ網を巻き込んで片付ける事が可能になっています。
その事によって、網戸が必要ない場合にはケースに収納しておく事でスッキリした見た目と、窓の利点を阻害しない仕様になっている優れものです。

その「上げ下げロール網戸XMW」「横引きロール網戸XMY」がさらに使いやすく一新されて発売さました。

網戸設置例

参考:YKKap ロール網戸XMW・XMY

収納のケースを小型化スリムにしてより見た目も良くなり、網戸の存在をさらに感じなくなっているようです。

網戸の張替えも、専用の交換用網が用意されることで、問題も解消されています。

通風量2割増しの網

網自体も細くなり、見た目や風の通りが考慮されているようで、近年の住宅や窓の欧米化で様々な形式の窓(縦すべり出し窓等)が設置されるようになり、網戸をいかに取り付けるか、といった問題を解消してくれる一つのアイテムになると思います。

ご自宅の網戸問題こちらのロール網戸で解消してみてはいかがですか?

子供部屋に内窓設置 江戸川区

今回戸建て二階の子供部屋の陽当たりが強く、夏のエアコンの効きや、騒がしくしてしまった際のご近所に迷惑を描けたくないといったような事から、夏本番を向かえる前に内窓を取り付けたいと、ガラス修理屋netへ江戸川区からのご依頼です。

もうすでにこの時期で気温も高いのもありますが、部屋の中は採寸とお見積りに伺った時には日差しがよく窓から入るようで、温度計はすでに30度をゆうに超えて、34度程になっていました。

おそらく、これが夏本番になれば、内窓がない状態では当たり前のように江戸川区でも室内はそのままでは40度越えになるのは予想され、エアコンで冷そうとすればかなりの出力が必要になりそうですし、いくら部屋を冷やしても窓ガラスから入る日差しを直に受けた場合には涼しさも余り感じられないでしょう。

そこでこの江戸川区のご自宅の窓ガラスには内窓に遮熱効果のあるガラスを取付けて、部屋で過ごす時に必要以上にエアコンに負担をかけず、快適に過ごす事ができるようにとご提案させていただきました。

後付けタイプのリフォーム用内窓は大手リフォームメーカーやサッシメーカー等から発売されていますが、今回は三協アルミ製のプラメイクを使用して江戸川区にて二重窓へのリフォーム工事を行いました。

窓は引き違い窓でしたので、窓が一層増えて気密性も上がる事での内窓の効果が期待できそうです。

もちろん冬なれば暖房の効きやそれに伴う結露の問題の軽減も期待できますので、私達ガラス屋では江戸川区に限らず(都内全域に対応します)、また時期にも関係なく、思い立った時に施工できるものだと思います。

需要も多くサッシの手配から取付まで迅速に行わせていただいていますので、お部屋の環境を窓で替えたい(内窓を含む)場合等ご相談下さい。

江東区でもガラス交換や窓の工事も休みなくご相談受付中です!

世田谷区でサッシンの戸車交換

サッシの具合が悪いのでとりあえず見に来て直せるならば修理もして欲しいと言う世田谷区のご高齢の女性の方からのご相談で、お話を電話で伺った段階では何が原因かわからず、最寄りの担当者が伺ったのですが、サッシの動きが非常に悪く、よく見てみると、窓枠のレール部分に砂や小石、埃などが蓄積されていて、障子を取り外してみると、戸車も傷んでいたらしく、その砂利のようなもので本来の寿命を前にして早々にお役ごめんとあいなってしまったようでした。

戸車の部品の確認をして、窓枠のレールのお掃除をすると引きずったようなキズもでてきましたが、障子を取り付けてみると、それだけでもそれまでにあった窓を左右に引く際に嫌な音や感覚がかなり解消されたようでした。

部品(戸車)を注文して後日交換ということになりましたが、お客様の方からせっかく来たので玄関のドアの調子も見てほしいとご希望になりまして、クローザーの調整をしてその日は世田谷区の現場を後にしました。

後日、杉並区のガラス修理を終えたあとに、再びお伺いしてサッシ2枚分の戸車を交換したのですが、さほど日にちが経っていないのにもかかわらず、世田谷区のお宅の対象の窓のレールにまた砂のようなものが浮いているのが不思議に感じました。
とくだん周りにそういったことになるような環境も見受けられなかったのですが…

いちを、戸車の事も考え、窓のお掃除などお気を付け下さいなどとお伝えして現場を引きあげましたが、レールの傷などでのガタつきも考慮すると今度同様の不具合起きた時には窓枠を含めたリフォームをした方がいいのでは、と感じる事もお話させていただきました。

清掃、調整、窓の事なら世田谷区対応のガラス屋にお気軽に聞いてみてくださいね!

低価格ハイブリッド窓サーモスL LIXILから

今月住宅設備・リフォーム業者大手のLIXIL(リクシル)から、今までのアルミサッシを使用した複層ガラス窓と同等な価格にて樹脂製のサッシとアルミのサッシを組み合わせたハイブリッド窓の販売する事が発表されました。
アルミのサッシは価格も安く軽量ということもありましたが、熱の伝導率が木製のサッシに比べ、よろしくなく、断熱性の悪さ、結露が発生するなど、ガラスを対策品に交換しても、サッシの部分で効果を出せない所もありました。
そこで 近年登場してきたのが 樹脂製のサッシです。
断熱性 結露の発生にも強い事からアルミに代わるサッシの素材として登場してきました。
またいいとこどりの 今回ご紹介するアルミと樹脂のハイブリッド窓ですが、それでも当初は価格の問題がありましたが、今回、リクシルがラインナップしている、”サーモス” シリーズに新に”サーモスL”としてアルミ窓と同等の価格で購入・施工する事が可能になりそうです。施工するガラス屋としても期待大です!

smsl-b

画像:LIXIL

サーモスのフレーム部分の面積が少ない特徴もそのままで、ガラス部分が大きくなる事でガラス自体の断熱性能もより機能し、スッキリとした見た目もグッドです!

smsl-a

画像:LIXIL サーモスL

今までガラスとサッシを断熱仕様にしたい と思いながらも、費用の問題で様子を見ていた方も、この低価格なハイブリット複層ガラス窓のサーモスLで窓のリフォームを行うのはいかがでしょうか?

この流れで、大手各社が追随して価格が上がってくる事になると、アルミから樹脂へのサッシの移行が本格的に進んでいくのかもしれませんね。

今の歩みの様に樹脂のサッシが標準化されれば、多少なりとも 今より良い居住性になる事でしょう。

サーモス Lの発売は8月になる様ですが、期待してお待ちください。

オペレーターハンドルの交換 足立区

窓を開ける為のハンドルを壊してしまい、窓を開けられず、換気などができなくて困っているというご相談を足立区でいただきまして、お客様の元へ急行すると、横滑り出し窓のオペレーターハンドルがもげていていました。
お子さんがラケットを振り回していたところ、思いきりあたって壊れてしまった様です。
さすがに人間の力、しかも素手ではなかなかオペレーターハンドルは壊れそうもないので、足立区のご自宅へ訪問してお話しを聞いて納得しました。
幸い 窓ガラスの本体部分に傷などはなく、根元の部分を元から一式アッシーで交換すれば綺麗に直りそうだったので、お見積りをして、お客様に了承得たので、部品を確認して注文を出しました。
部品が到着した後にオペレーターハンドルの取り付け修理に再度足立区へ出張して壊れたハンドルの土台を取りはずして新しいハンドルを取り付けて無事終了しました。
窓から さほど出っ張っていないとはいえ、このような事もありえます。
窓を開けた状態で壊れてしまった なんていうことになると、面倒なことになってしまう場合もあるかもしれません。
もちろんわざとやっている(このオペレーターハンドルの破損)事ではないにしても、ガラスもありますので非常に危険です、窓の近くでの行動は慎重に意識してしていたいものです。
とは言っても、この足立区のご依頼者様のお宅のように、わんぱくざかりな小さいお子様がいる場合などには、オペレーターハンドルに注意を!と言ってもなかなか理解できなかったり、すぐに忘れてしまったりする事もあるでしょう。。。
いい対策を考え、アドバイスや対策施工が出来るようなことになればなぁ~と感じた足立区でのオペレーターハンドルの交換作業でしたでした。
窓(サッシ)の部品や葛飾区でガラス修理が必要な時にはお気軽にご相談ください↓