防犯ガラスセキュオ取付 千葉市

トイレとお風呂場の窓ガラスを防犯ガラスへ入替を千葉市で行いました。
お客様から知り合いの方が窓ガラスを誰かに割られる被害を受けてしまったそうでそれがお風呂場だったりしたところから、危機感を持ったらしく、浴室やトイレの窓ガラスには普通の目隠し用の型板ガラスが着いているだけという事で、千葉市で万が一の空き巣などの被害に会わないようにとの決断で防犯ガラスへ交換できないかというお問い合わせをもらいました。
このガラスは2枚のガラスで貫通を防ぐ為に必要な中間幕を挟んだガラスになりますので、厚みが心配になりますが、千葉市のお客様とのご相談で一番薄いタイプの6.8ミリの防犯ガラス、日本板硝子のセキュオを使ってサッシはそのままでガラスのみで対応することになりました。
その事によって嵌め込まれていた型板ガラスを外して防犯ガラスを入れ替えるだけの作業になり、新しくサッシを用意する必要もなく費用の面でも安く仕上がりました。
今回ガラス交換を行った千葉市のお宅の2つの窓ガラスは共に引き違い窓で、合わせて4枚のガラスを取付をしました。
もちろん防犯だけを重視してそれだけを考えれば、セキュオの中でもガラスの厚みを増したものや、中間膜の厚みの違いや材質の違いなどで、効果をさらに上げることもできます。
この千葉市の施主様や直近で船橋市でガラス修理のご依頼をしただいた方もそうでしたが、予算との兼ね合いもありますし、取り付けには人それぞれ変わってくると思いますが、後付で防犯フィルムなどをさらに貼るといったような事で後から効果をあげることもまだできます。
色々な選択肢がありますので、窓の対策を防犯ガラスでとお考えでしたらお客様のニーズにあった最適なご提案をさせていただきます。

関連記事