続くガラス割れ 相模原市

ガラス割れからの当日の相模原市での対応でした。
生活における活動が自粛されている中で、ガラスのトラブルも少なくなっているのは体感しているのですが、それでも暮らしている以上、個人様などの住宅の窓ガラスには人為的や自然発生的な破損が無くなることはやはりなく、ガラス割れを訴えられ、相模原市よりガラス修理の依頼を受けましてその日のうちに現場へ出向いて作業をして参りました。
さすがに窓ガラスの不具合は生活に関わる重要な懸念となりますので、ましてやガラスが飛散して筒抜けになってしまっているガラス割れでは防犯上にも関わる問題で、相模原市からお問い合わせを頂いた方をはじめ誰もが早急に対処したいところです。
ストレスを溜めたお子さんが、普段は外で行う事を自宅内でしてしまったために子供部屋の掃き出し窓に振り回した物が当たってしまいガラス割れとなったようでした。
海老名市でガラス交換業務の整理をしていた先で相模原市からお電話でお話を伺うと、単板の透明ガラスと判明しましたので、その時点でご依頼を受けた場合の時間と料金などをご説明させていただきました。
費用はもちろん考慮しているとはおもいますが、今日中にガラス割れがなおるという事に安心なされたのか、ご注文いただき相模原市へ急ぎ向かう事となりました。
現場にて窓を拝見すると、外したサッシのクレセントにガタつきがありましたが、ネジの緩みによるもので、ガラスの入れ換え時に閉め直し問題なくガラス割れの対応を完了!と思いきや、重なるもので、直後片付け時にガラス屋さん、厚木市ですが来てもらえますか?というこれまたお急ぎのご相談を受け、相模原市より駆けつけるという日でした。

関連記事