やはり引き違い窓…旭区

年始早々に空き巣被害に遇われた(やはり引き違い窓…)方からのお問い合わせが旭区から有ったのですが、お電話ではなくメールでのご相談で内容を拝見すると、被害が発覚してからすでに二日が経っているようでして、小さくガラスが割られてしまっていて、そこからクレセントを解除されて引き違い窓を開けられていたようです。
よくあるお問い合わせですと、お電話ですぐに来て欲しいという事になるのですが、旭区でガラス修理をお考えのそのお客様は、穴が小さく空いている程度との事で、ご自分で取り敢えずの処置はしていて、どれくらいの費用がかかるか教えてもらいたいという、引き違い窓の修復にかかる料金をお気にされていているようで、予め、同時に他方へガラスの見積をされている事の断りもされていました。
旭区の現場の状況として、一軒家の一階のテラスなどの掃き出し部分ではなく、それとは反対側の洗面所に設置された腰高に位置している引き違い窓が狙われたようです。
特別メールでのやり取りの申し出がなく、連絡先もございまして、保土ヶ谷区にガラス交換で出張していた事から
早期の対応をと、お電話させていただき、旭区へ3時間あれば伺う事ができガラスの入れ換えが可能という事と料金のご案内を直接すると、「それなら!」と、引き違い窓の対応をお任せ頂けることに。
その後緑区でのガラス屋のお見積業務(年末にご相談頂いた内窓の設置)を終え、急ぎ現場へ急行しました。
時間を余裕を持ってお伝えしたので、旭区のお客様宅へかなり早く到着できました。
雨戸が無く、かつ小窓にしては少々大きめの引き違い窓だった事から目をつけられてしまったのかもとご本人もおっしゃっていました。
格子でも付いていれば結果は違っていたかもしれないとも…
ガラスの方は至ってシンプルなシングルガラスで旭区をはじめ去年何件も行った工程ですから、短時間で取り替えは速やかに済ます事が出来ました。
ガラスは替えたので、安価に対策出来るフィルムや鍵などのお話もさせていただきました。

関連記事